ゲレンデで目覚める – ヒノデヒルズニセコビレッジ

By 28th November 2019 Japanese, Powderlife Magazine 2020 JP

WAKE UP ON PISTE
ゲレンデで目覚める
ヒノデヒルズニセコビレッジ

ニセコビレッジのゲレンデに隣接するヒノデヒルズは、リゾートの基本計画用地内に個人の不動産を所有できる、数少ない機会を提供しています。この低層ブティック型コンドミニアムには、1~3ベッドルームの分譲用ユニットと、ゲストやオーナーが使えるスイートルームがあります。

ヒノデヒルズはすべての部屋から羊蹄山を眺望できます。その名前の由来は、この壮大な景観にあります。ニセコビレッジゴルフコースの向こうにそびえる羊蹄山。その奥から新しい朝を迎えるたびに輝くニセコの「日の出」です。

第一次分譲の建物は今冬にオープンし、最終的には3つの建物が建つ予定です。現在、ホテルの「ヒルトンニセコビレッジ」と「グリーンリーフニセコビレッジ」、シャレー風タウンハウスの「カサラタウンハウス」があるニセコビレッジで、ヒノデヒルズは、最初のアパートメント型住宅となります。

ニセコビレッジのマスタープランには、カナダのウィスラーなど世界トップクラスのスキーリゾートの計画づくりを手掛けてきたエコサイン・マウンテン・リゾートプランナーズ社が設計するレジデンスやゲーテッドコミュニティ(セキュリティーを厳重化した別荘街区)も含まれています。

ニセコビレッジは、マスタープランに沿った統一的な開発と管理を保証する統合型リゾートです。こうしたリゾートはニセコアンヌプリ山では2つしかありません。土地の売買が自由に行われる他のリゾートと比べ、計画性の高い開発が進められ、高級感のある隠れ家的なリゾートの雰囲気が維持されます。すべての施設とアクティビティを統制し、集客面でも最適な管理・運営が行われるため、一年を通じて賃貸利益を得られる優れた投資対象でもあります。

ヒノデヒルズは、コンシェルジェやルームサービスを含む充実したホテル型アメニティも提供します。併設のレストランでは朝食、昼食、夕食が提供され、宿泊客は館内の温泉施設を独占的に使用することができます。リフト券販売カウンターも館内に設けられ、各アパートメントには大型の個人用スキーロッカーも備えられます。

ニセコビレッジの現地ショールームにぜひお越しください。ヒノデヒルズまでスキーで滑ることもできますし、当社営業オフィスからもご案内できます。

WAKE UP AT NISEKO VILLAGE

ニセコユナイテッドスキーリゾートの真ん中、すなわちヒラフとアンヌプリの間に位置するニセコビレッジは、通年リゾートとしても評価を高めています。世界レベルのショッピング、グルメフードおよびレクリエーション施設を1つの統合型リゾートに集め、活気に満ちた空間を作り出しています。

マスタープランに基づいた現代的なリゾートの開発・展開をニセコで初めて始めたリゾートでもあります。拡張計画の第一段階が完了した現在、江戸時代をテーマにしたショッピングエリア、リゾートの各部を結ぶゴンドラのネットワーク、初心者に優しい新しいスキーゲレンデが完成しました。

リゾートの中心にあるのは低層ブティックホテルの「グリーンリーフニセコビレッジ」、22階建のホテル「ヒルトンニセコビレッジ」、そして2つの新しい高級タウンハウス「カサラ」です。また、ニセコ最大のゴルフコースや、サマーアドベンチャーパーク『ピュア』もおすすめできます。ヒノデヒルズは、マスタープランの次の段階に位置づけられており、リッツカールトンリザーブのブティックホテルや、マリオットホテルも続く予定です。

デベロッパー – YTLホテルズ
設計施工 – 清水建設
インテリアデザイン – YTLホテルズ
スキーリフトまでの所要時間 – スキーイン/スキーアウト

+81 (0)136-44-3441
www.hinodehills.com